サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


目的 「食の安全を考える」の検索結果

14件中 1〜10件目  1 2 次へ>>
回答:
カンピロバクターによる食中毒は生もしくは加熱不十分な鶏肉が原因食品となることが多く、近年、食中毒発生件数の上位を占めています。 この菌は鶏、牛、豚などの腸内に常在し、特に鶏は高い確率で保有しています。市販の鶏肉も汚染されていることがあります。 ○カンピロバクター食中毒の症状 ・原因食品を食べてから、 …
回答:
トレーサビリティは「トレース」と「アビリティ」を合成した言葉で、「追跡可能性」と訳されています。 農産物の生産等の情報を生産者から消費者まで伝達することにより、食品の安全と消費者の安心の確保に役立ちます。 …
回答:
HACCP(ハサップ)は食品の衛生管理手法の一つです。製造環境の衛生管理に加え、原材料の入荷から製品の製造・出荷までの全ての工程において、起こり得る危害を予測し、その危害を防止(許容できるレベルまで低減)するために重要な工程(重要管理点)を特定し、その工程を継続的に監視・記録することで、製品の安全性 …
回答:
「トレーサビリティ」とは、「もとをたどることができる」という意味をもっています。 あらゆる製品(商品)で、それを構成する素材がどこで、どのように作られているかが分かっていれば、最終製品の品質が保証できるシステムの構築が容易となります。 食品の場合は、生産、製造、流通、販売などの各段階における安全性を …
回答:
多くの魚介類は微量の水銀を含んでいますが、人の健康に影響を及ぼすものではありません。 ただし、子どもや成人の方々には影響を及ぼさないわずかな量でも、胎児に影響を及ぼす可能性が指摘されています。 妊娠している方や妊娠している可能性のある方は、次の魚介類を食べる時には食べる量と回数に注意してください。そ …
回答:
日本の食習慣と関係して、生の魚介類を主な原因とする腸炎ビブリオ食中毒が発生しています。 腸炎ビブリオ食中毒の月別発生状況をみてみると、気温の高い6月〜10月に集中して発生しており、 腸炎ビブリオ食中毒を予防するには、夏場の食中毒対策がとても大切です。 腸炎ビブリオに汚染された食品を食べると ・4〜3 …
回答:
ビブリオ・バルニフィカスは夏季に沿岸の海水中にいる細菌です。 食中毒の原因となることで有名な腸炎ビブリオ菌とは親戚の関係にある細菌で、2〜3%の濃さの塩分を好み、海岸の近くの海水中や海水と淡水が混じりあうような場所に住んでいて、海水の温度が15℃以上になると増えます。また、この菌は海水中や海の底に生 …
回答:
ノロウイルスは、人の腸内で増えて下痢等を引き起こします。 以前は二枚貝による食中毒が多く報告されていましたが、近頃は二枚貝を喫食していない事例が増加しています。 ノロウイルスに感染すると、便から大量のウイルスを排泄するため、調理をする人の手洗いが不十分であると、手から食品を汚染し食中毒の原因となりま …
回答:
アレルギー体質を持つ人の健康危害の発生を防止する観点から、食物アレルギーを引き起こすことが明らかになった食品のうち、特に発症数、重篤度から勘案して表示する必要性の高い「えび・かに・小麦・そば・卵・乳・落花生」の7品目や、これらを含む加工食品については、食品表示基準で表示を義務付けています。 また、「 …
回答:
食品衛生法で定められた基準値を超えた食品については、産地からの出荷が規制されており、流通しておりません。
14件中 1〜10件目  1 2 次へ>>



ここまで本文です。