サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


目的 「病気を予防する」の検索結果

回答:
インフルエンザは学校保健安全法施行規則で「学校において予防すべき感染症」とされており、校長(園長)はインフルエンザにかかった幼児・児童・生徒・学生を出席停止とすることになっています。  このため、お子様がインフルエンザと診断された場合は、速やかに学校(園)に届けていただき、出席停止の期間等につい …
回答:
 領収書の内訳を知りたい場合は、病院や薬局で発行される明細書をご確認ください。  病院や診療所などの保険医療機関及び保険薬局は、患者さんからの費用の支払を受けるときは、正当な理由がない限り、個別の費用ごとに区分して記載した領収証を無料で発行し、詳細な医療費の内訳を記載した明細書を無料で発行しなければ …
回答:
狂犬病は、狂犬病ウイルスによって伝播する動物由来感染症です。人、犬はもちろん、キツネ、アライグマなど、ほとんどの哺乳動物が感染します。 発症した動物に咬まれると、唾液を通じて高い確率で感染します。 咬傷等で体内に侵入したウイルスは、その侵入部位付近で増殖し、そこから神経組織に入った後、増殖を続けなが …
回答:
平常時においては、死亡野鳥の高病原性鳥インフルエンザの検査は原則として行いません。 ただし、環境省の鳥インフルエンザ対応マニュアルに基づき種類によっては1羽または3羽以上、その他の野鳥は1ヵ所5羽以上の大量死や連続死などの異常死の場合には、大阪府が必要に応じて検査を行います。 もし、死亡野鳥を発見さ …
回答:
高病原性鳥インフルエンザは通常の接し方では人に感染しないと考えられていますので、過度に心配する必要はありません。 今までの海外での人の感染例では、インフルエンザに感染した鳥家きんとの日常的なあるいは密接な接触が原因と考えられており、日本では、野鳥などとの密接な接触は考えにくいため、感染の可能性は極め …
回答:
鳥インフルエンザウイルスの有無を確認するため、府内のモニタリング養鶏農家の鶏を対象に毎月調査を実施するとともに、府独自に全養鶏農家に定期的に立入調査し、ウイルス検査を実施しています。さらに、飼養している家きんに異常があれば、早期通報するよう求めています。 また、野鳥対策として、府内の全養鶏農家には、 …
回答:
国内で鳥インフルエンザが発生したからといって、直ちに家庭等で飼っている鳥が感染するということはありません。鳥を飼うときに次のことに気を付けていただければ、心配する必要はありませんので、飼っている鳥を野山に放したり、処分をするようなことはしないで下さい。 • 鳥インフルエンザウイルスを運ん …
回答:
国内ではこれまで、家きん肉や家きん卵を食べて、鳥インフルエンザウイルスに感染した例は報告されていません。 なお、鳥インフルエンザウイルスは加熱すれば感染性がなくなります。万一食品中にウイルスがあったとしても、食品を十分に加熱して食べれば感染の心配はありません。加熱するときは、食品全体が70℃以上にな …
回答:
高病原性鳥インフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染により、鶏、あひる、七面鳥、うずら等(以下家きん)に高い死亡率を示す疾病をいい、現在までに本病を引き起こしたウイルスは全てA型インフルエンザのH5またはH7亜型に限定されています。 家きんが感染すると、突然の死亡率の上昇があり、高い場合には、 …
回答:
近年、住宅を高気密化することや、化学物質を放つ建材や内装材を使用することにより、新築や改築後の住宅などで、化学物質による室内空気汚染などがあり、居住者に様々な体調不良が生じていることが数多く報告されています。 それらの症状は多様で、症状発生の仕組みをはじめ、未解明の部分も多く、また様々な複合要因が考 …



ここまで本文です。