サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


質問と回答 [ Q&A番号:520 ]


質問

野鳥が死んでいた場合、鳥インフルエンザ等のウィルス感染の有無は必ず確認するのですか。

回答

平常時においては、死亡野鳥の高病原性鳥インフルエンザの検査は原則として行いません。
ただし、環境省の鳥インフルエンザ対応マニュアルに基づき種類によっては1羽または3羽以上、その他の野鳥は1ヵ所5羽以上の大量死や連続死などの異常死の場合には、大阪府が必要に応じて検査を行います。
もし、死亡野鳥を発見された場合は、最寄りの農と緑の総合事務所(大阪市内は動物愛護畜産課)へご連絡ください。

参考リンク

お問合せ窓口

環境農林水産部 動物愛護畜産課 畜産衛生グループ
電話番号 06-6210-9616、06-6210-9618
559-8555 大阪市住之江区南港北1丁目14-16 大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)23階

このページの作成所属
環境農林水産部 動物愛護畜産課 畜産衛生グループ


ここまで本文です。