サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


質問と回答 [ Q&A番号:519 ]


質問

野鳥などから人への高病原性鳥インフルエンザの感染の危険性は、絶対にありませんか。

回答

高病原性鳥インフルエンザは通常の接し方では人に感染しないと考えられていますので、過度に心配する必要はありません。
今までの海外での人の感染例では、インフルエンザに感染した鳥家きんとの日常的なあるいは密接な接触が原因と考えられており、日本では、野鳥などとの密接な接触は考えにくいため、感染の可能性は極めて少ないと言えます。また、野鳥は自然の中で生息している生き物であり、様々な病原菌を持っている可能性がありますので、素手では触らないようにしましょう。もし、触ってしまった場合は、日常的に行っている手洗いとうがいをしましょう。

参考リンク

お問合せ窓口

環境農林水産部 動物愛護畜産課 畜産衛生グループ
電話番号 06-6210-9616、06-6210-9618
559-8555 大阪市住之江区南港北1丁目14−16 大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)21階

このページの作成所属
環境農林水産部 動物愛護畜産課 畜産衛生グループ


ここまで本文です。