サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


質問と回答 [ Q&A番号:221 ]


質問

保証人と連帯保証人のちがいはなんですか。

回答

一般に保証人といわれているものには保証人と連帯保証人があります。 債権者が請求してきたとき、保証人の場合は「主たる債務者に先に請求してくれ」とか、「主たる債務者の財産を差し押さえてそこから回収してほしい」とか言えるのに対し、連帯保証人の場合にはこのようなことは一切言えません。
連帯保証の場合は、債権者は、主たる債務者と連帯保証人のどちらにでも請求することができます。
この場合支払能力が高く、回収しやすい連帯保証人に請求してくることが多いようです。
保証人の場合、例えば、ほかにもう一人保証人がいれば、保証の範囲は半分ということになりますが、連帯保証人の場合は仮にもう一人連帯保証人がいたとしても、保証の範囲は主たる債務者の債務全部ということになります。
連帯保証人を引き受ける場合には、「主たる債務者と同様の支払い義務を負担してもよい」という覚悟が必要なので、十分に注意してください。

参考リンク

お問合せ窓口

府民文化部 消費生活センター 事業グループ
電話番号 06-6616-0888(相談専用)、06-6612-7500(相談以外)
559-0034 大阪市住之江区南港北2−1−10 ATC(アジア太平洋トレードセンター) ITM棟3階

このページの作成所属
府民文化部 消費生活センター 事業グループ


ここまで本文です。