サブメニューを飛ばして本文へ
その他のお知らせをさがす
名称や案内番号でさがす
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。

梅毒患者が増加しています!

案内番号:0001-8954

梅毒患者が増加しています!

 2016年の大阪府の梅毒報告数は、586人(男性383人、女性203人)となり、前年(2015年)の報告数322人(男性238人、女性84人)の約1.8倍になりました。
 特に、女性患者の急増が著しく、性別年代別の報告数は、20代の女性が一番多くなっています。
梅毒は性感染症の一つで、過去には大流行を引き起こし、恐れられていた病気でした。しかし、もはや過去の病気ではなくなってきています。2014年までは男性患者が約9割を占め、男性間の性行為による感染が中心と考えられていましたが、女性患者の増加により、異性間の性行為による感染が今後、増加すると予測されます。
 梅毒は「過去の病気」ではありません。過信せず、正しい知識を持ち、予防や早期発見のための行動が必要です。
 梅毒は早めに治療すれば確実になおります。梅毒の検査は保健所等なら無料・匿名で受けられますので、気になる方はパートナーと一緒に検査を受けましょう!

<HIV検査と一緒に梅毒検査を無料・匿名で受けられる大阪府内の検査場>
池田保健所、吹田保健所、茨木保健所、寝屋川保健所、守口保健所、四條畷保健所、八尾保健所、藤井寺保健所、富田林保健所、和泉保健所、岸和田保健所、泉佐野保健所、大阪市保健所、堺市保健所、高槻市保健所、枚方市保健所、東大阪市保健所、大阪検査相談・啓発・支援センター(chotCAST)

問合せ窓口

健康医療部 保健医療室医療対策課 感染症グループ

電話番号 06-6944-9156、06-6944-9157
FAX番号 06-6941-9323
住所 〒540-8570 大阪府大阪市 中央区大手前2丁目1−22本館6階医療対策課

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室医療対策課 感染症グループ


ここまで本文です。