府主催イベント等は、新型コロナウイルス感染症の影響により、中止又は延期等になっている可能性がありますので、
「中止又は延期する府主催イベント・集会等について」および「府有施設等の休館等の状況について」をご確認ください。
今後の対応については、「大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」において決定します。
サブメニューを飛ばして本文へ
催し・募集の案内をさがす
名称や案内番号でさがす
分類でさがす 開催日でさがす
先月 1月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
開催場所でさがす
大阪市 豊能 三島 泉北 泉南 北河内 中河内 南河内
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


令和2年度冬季企画展「泉州を貫く軌跡 阪和電鉄全通90周年」を開催

案内番号:0002-4088

ご案内

開催趣旨  

大阪(天王寺)と和歌山の間を結ぶ現在の西日本旅客鉄道株式会社、阪和線(JR阪和線)の母体は、民間設立による「阪和電氣鐵道株式會社」です。昭和4(1929)年に阪和天王寺駅から和泉府中駅まで開通し、翌年の昭和5(1930)年には、阪和東和歌山駅まで全線開通となりました。

しかし、先に大阪−和歌山間を南海鉄道株式会社が運行していたため、阪和電気鉄道は利用者を増やすよう、さまざまな取り組みをおこないました。まず、当時では異例ともいえるスピードアップへの努力です。やがて、乗り換えなしで鉄道省管轄の紀勢西線に乗り入れる南紀直通列車「黒潮号」の運行を開始します。

また、沿線観光地の開発、さらに駅から最寄りの観光地までのアクセスをより良くする取り組みとして、乗合自動車(阪和バス)の運行も始めました。事業が順調に進み始めた中でライバルの南海鉄道と合併、さらには国有化を経て、現在のJR阪和線につながります。

阪和電気鉄道全線開通90周年にあたる今年度、その歴史を巡る旅へみなさまをご案内します。

 

会期      令和3年1月16日(土曜日)から3月28日(日曜日)まで

会場       弥生文化博物館

開館時間   午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日      毎週月曜日

入館料       一般430円[340円]

65歳以上、高校・大学生330円[260円]

中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料

([ ]内は20名以上の団体割引料金)  

アクセス

    <電車のご利用>

     JR阪和線「信太山」駅下車 西へ約600m

     南海本線「松ノ浜」駅下車 東へ約1500m

 

    <車のご利用>

     国道26号「池上町」交差点南西角 普通車72台、大型バス7台(いずれも無料)

お申込み方法


お問合せ窓口

〒594−0083 大阪府和泉市池上町4-8-27
 大阪府立弥生文化博物館
  電話     0725-46-2162
  ファクシミリ 0725-46-2165

参考リンク


このページの作成所属
教育庁 文化財保護課 文化財企画グループ


ここまで本文です。