サブメニューを飛ばして本文へ
催し・募集の案内をさがす
名称や案内番号でさがす
分類でさがす 開催日でさがす
先月 10月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
開催場所でさがす
大阪市 豊能 三島 泉北 泉南 北河内 中河内 南河内
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


2019 大阪府デザイン・オープン・カレッジ ワークショップ 「不便益」を引き出す逆転の発想法

案内番号:0002-2439

ご案内

 社会ではAIやIoTの導入が進み、仕事の効率化や自動化、生活における利便性の追求が推し進められています。一方で、人が自分の頭で考え、身体を動かしてこそ得られる満足感や達成感、また危険回避などの低下が見過ごされています。不便益研究の第一人者である川上教授は、行き過ぎた省力化や効率化の逆にある不便がもたらす効用を「不便益」と定義し、便利追求によって見過ごされてきた本当に大切な事象を掘り起こし、それらを統合して新しいデザイン指針を探る試みを続けています。

 本講座では、川上氏の考案した「不便益カード」を用いて、商品やサービスの開発において、人とは違う切り口で物事を考えられるスキルを身につけます。

  ■講義  不便益がもたらす益について ・ 身近に不便益を探そう!
  ■演習  不便益カードを使ったアイデア発想


  【日 時】  令和元年9月13日(金曜日)・9月20日(金曜日) 各日 午後2時から午後5時 

  【場 所】  マイドームおおさか 4階 研修室(大阪市中央区本町橋2-5)

  【定 員】  30名(先着順)

  【受講料】  8,000円(2日間)

  【内 容】  ワークショップ 「不便益」を引き出す逆転の発想法

          講師 : 不便益システム研究所 代表/京都大学 情報学研究科 特定教授 川上 浩司 氏 

  【主  催】  大阪府産業デザインセンター

お申込み方法

下記「インターネット申し込みはこちら」からお申込みください。


インターネット申込みはこちら

お問合せ窓口

大阪府産業デザインセンター
〒559-8555 大阪市住之江区南港北1−14−16 大阪府咲洲庁舎25階
電話:06−6210−9491 FAX:06−6210−9505
Eメール:info@oidc.jp

参考リンク


このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室商業・サービス産業課 新事業創造グループ


ここまで本文です。