サブメニューを飛ばして本文へ
催し・募集の案内をさがす
名称や案内番号でさがす
分類でさがす 開催日でさがす
先月 1月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
開催場所でさがす
大阪市 豊能 三島 泉北 泉南 北河内 中河内 南河内
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


府立狭山池博物館 企画展「南海高野線120年のあゆみ−はじまりは大小路−狭山間−」

案内番号:0002-1299

ご案内

 

南海電鉄高野線は、高野鉄道が明治31年(1898年)1月26日に大小路駅(堺東駅)から狭山駅間で開通したことに始まり、

平成30年は、明治維新150年、高野線開通120周年にあたります。近代化の旗手となった鉄道の開通は、人々の行動範囲

や暮らしを変え、沿線地域の都市化の原動力となりました。

この展示では、大阪狭山市と周辺地域を中心に、高野鉄道がどのように人々に影響を与えてきたのか、紹介します。

 

会    期   平成30年12月8日(土曜日)から平成31年1月27日(日曜日)まで

会    場   府立狭山池博物館特別展示室 入場無料

開館時間    午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休 館 日     毎週月曜日(ただし、12月24日(月曜日・祝日)は開館、12月25日(火曜日)は休館、

                 1月14日(月曜日・祝日)は開館、 1月15日(火曜日)は休館)

                 及び12月28日から1月4日までは休館

                 

講演会(狭山池博物館2階ホール)

「鉄道構造物の土木遺産としての魅力−南海高野線を中心に−」

講師 小野田滋氏(公益財団法人鉄道総合技術研究所情報管理部担当部長)

日時 平成30年12月8日(土曜日) 午後1時30分〜3時30分(午後1時開場)

定員 126名

申込 往復はがきに住所・氏名・年齢・電話番号を記入のうえ、狭山池博物館へ    11月30日(金曜日)締切

※1枚のはがきを1グループ(3名まで申し込み可能・1グループにつき1口の応募に限る)として抽選し、当落を通知します。

   

 

「駅長のおしごと」、「こども制服・制帽撮影会」

講師 南海電気鉄道株式会社 北野田駅長

日時 平成31年1月19日(土曜日) 午後1時30分〜3時30分(午後1時開場)

対象 小学生以下(小学3年生以下は保護者同伴)当日先着順(定員126名)

*「こども制服・制帽撮影会」駅長の講演のあと、質問の時間をもうけ、クイズ大会をします。

別会場では、制服・制帽姿の撮影会を行います。

 

関連イベント 

南海電気鉄道千代田工場親子見学会

日時 平成30年12月25日(火曜日) 午後1時30分〜3時30分(集合午後1時)

場所 南海電鉄千代田工場(南海高野線千代田駅改札前集合・解散)

対象 小学5年生以上の小学生とその保護者各1名の2名1組

定員 親子20組40人

申込 往復はがきに住所・氏名・年齢・電話番号を記入のうえ、狭山池博物館へ    11月30日(金曜日)締切

 

わくわくイベント「ペーパークラフト南海電車を作ろう」

日時 平成31年1月20日(日曜日) 午後1時〜4時(時間内随時受付)

場所 狭山池博物館 2階ホール

対象 小学生以下(小学3年生以下は保護者同伴)

 

狭山池歴史ウォーク特別企画−狭山池から水の流れを辿って−7つの暗渠をめぐる

日時 平成31年1月13日(日曜日) 午前10時〜12時30分

場所 南海高野線沿線周辺(狭山池博物館受付集合・解散)

定員 20人(先着順)

申込 参加日・住所・氏名・年齢・電話番号を記入のうえ、郵送、ファクシミリ、

メール(sayamaike.walk@gmail.com)、または直接、狭山池博物館へ

 

その他

狭山池ダムカード「明治維新150年 土木遺産展Ver3.0」を配布

期間 平成30年12月8日(土曜日)から平成31年1月27日(日曜日)

   「南海高野線120年のあゆみ−はじまりは大小路−狭山間−」開催期間中

場所 狭山池博物館(開館時間中)

    富田林土木事務所(河川砂防G)  9:00〜17:45(ただし土日祝、12月29日から1月3日までは除く)

 

 

 

 hi

 

お申込み方法


お問合せ窓口

都市整備部 富田林土木事務所 狭山池博物館

電話番号 (072)367-8891
FAX番号 (072)367-8892
住所 〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目

このページの作成所属
都市整備部 富田林土木事務所 狭山池博物館


ここまで本文です。