サブメニューを飛ばして本文へ
催し・募集の案内をさがす
名称や案内番号でさがす
分類でさがす 開催日でさがす
先月 6月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
開催場所でさがす
大阪市 豊能 三島 泉北 泉南 北河内 中河内 南河内
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


リニア中央新幹線早期全線開業実現協議会シンポジウム「スーパー・メガリージョンで広がる可能性」を開催します

案内番号:0001-8823

ご案内

リニア中央新幹線早期全線開業実現協議会において、シンポジウム「スーパー・メガリージョンで広がる可能性―リニア中央新幹線の早期全線開業が実現した日本の姿を考える!そのときあなたは?関西は?―」を開催します。

リニア中央新幹線は、東京−大阪間をわずか67分で結び、その開業で人口約7,000万人、国内生産約300兆円の巨大都市圏となるスーパー・メガリージョンを形成する一大プロジェクトです。 
 本シンポジウムは、広くリニア中央新幹線全線開業時に経済活動の担い手となる世代に向け、リニア中央新幹線の概要と効果、スーパー・メガリージョンの必要性や実現の絵姿などについて、ナビゲーターである学天即(吉本興業)と専門家が初歩から分かりやすく解説します。シンポジウムを通じて、個人の働き方、余暇の過ごし方、企業活動の行方など、全線開業で実現するスーパー・メガリージョンの魅力を様々な角度から紹介し、一日も早い全線開業への理解を深め、機運の醸成を図ります。
 イベント参加へのご応募をお待ちしております!
  

 スーパーメガリージョン:
リニア中央新幹線により、三大都市圏がそれぞれの特色を発揮しつつ一体化することで形成される世界最大の巨大都市圏
   
1.日時       2018年6月25日(月曜日)19時から20時30分(開場18時30分)

 
2.場所      阪急うめだホール
        (阪急百貨店うめだ本店9階 大阪市北区角田町8番7号)       

 
3.参加費    無料(定員400名)  ※定員を超えた場合は抽選となります。
 
4.主催  
リニア中央新幹線早期全線開業実現協議会
 (構成団体:大阪府、大阪市、関西経済連合会、大阪商工会議所、大阪府商工会議所連合会、関西経済同友会) 

   
5.後援   
リニア中央新幹線建設促進期成同盟会、国土交通省近畿地方整備局、日本経済団体連合会、西日本経済協議会、
2025日本万国博覧会誘致委員会(予定)
    
6.構成
タレントと専門家によるトークセッション  
 (1)登壇者
   吉本興業 タレント(ナビゲーター)                                          学天即

        
       京都大学経営管理大学院 教授 (スーパー・メガリージョン構想検討会委員)  小林 潔司 氏 
  
   アクアビット 代表取締役 チーフ・ビジネスプランナー                                     田中 栄  氏

   三菱UFJリサーチ&コンサルティング 執行役員                             加藤 義人 氏
 
(2)内容 
   リニア中央新幹線の概要・効果
   スーパー・メガリージョンの必要性・実現の絵姿・企業行動への影響と効果 など        

お申込み方法

申込期限:平成30年6月13日(水)必着

(1)インターネットでの申込み
  申込みフォームに必要事項を入力して申込みください。
  http://www.pref.osaka.lg.jp/kutai/linear/index.html
 
 (2)ファックスでの申込み
    添付の案内チラシの参加希望者記入欄に必要事項を記入の上、リニア中央新幹線SMRシンポジウム事務局
     (ファクシミリ番号:06-6201-9303)まで送信してください。


お問合せ窓口

リニア中央新幹線SMRシンポジウム事務局(朝日広告社関西支社内)
 電話での問合せ:06-6201-9306
メールでの問合せ:smr2018@asakonet.co.jp

※受付時間 土曜日、日曜日、祝日を除く午前10時から午後5時まで
※電話での申込みは受付けておりませんので、ご了承ください。

参考リンク

参考資料

イベントチラシ表面 (Pdfファイル、343KB)
イベントチラシ裏面 (Pdfファイル、754KB)

このページの作成所属
政策企画部 戦略事業室空港・広域インフラ課 広域インフラグループ


ここまで本文です。