戦没者及び戦傷病者の妻又は遺族に対する弔慰金・給付金関係

案内番号:0000-2924

実施案内

 先の大戦で公務等のために国に殉じたもとの軍人、軍属及び準軍属の方々に思いをいたし、その妻には特別の慰籍、遺族に対しては改めて弔慰の意を表すために国から支給します。

問合せ窓口

福祉部 地域福祉推進室社会援護課 恩給援護グループ

電話番号 06-6944-6662
FAX番号 06-6941-0227
住所 〒540-0008 大阪府大阪市 中央区大手前3丁目2−12別館8階

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の請求 ★受付終了★

申請案内

 戦没者等のご遺族の皆様へ「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法」の公布に伴い、第10回特別弔慰金が支給されます。


【制度趣旨】
 戦後70周年に当たり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)が支給されます。
 第10回特別弔慰金については、ご遺族に一層の弔慰の意を表すことから、償還額をこれまでの年4万円から年5万円に増額するとともに、5年ごとに国債が交付されます。

【支給対象者】
 戦没者等の死亡当時のご遺族で、平成27年4月1日(基準日)において、恩給法による公務扶助料や特例扶助料、援護法による遺族年金や遺族給与金等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による最先順位のご遺族お一人に支給されます。

1.平成27年4月1日までに「戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金」の受給権を取得された方
2.戦没者等の子
3.戦没者等の(1)父母 (2)孫 (3)祖父母 (4)兄弟姉妹
 ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているがどうかにより、順番が入れ替わります。
4.上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
 ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

【支給内容】
額面25万円 5年償還の記名国債

【請求期間】 ★受付終了★
平成27年4月1日(水曜日)から平成30年4月2日(月曜日)

申請に必要なもの

費用が、不要(無料)です。

・請求書等
・請求者の戸籍抄本・戦没者の除籍謄本等
・その他関連資料
・各種申立書

・請求者の個人番号(マイナンバー)を確認できる書類
(戸籍謄抄本等の取得には、別途費用を要することがあります。)

 

申請書類の配布方法

申請書類の配布方法は、次の通りです。
窓口配布 
(お住まいの市区役所、町村役場の援護担当窓口)
【大阪府の問合せ窓口では申請書類を配布しておりません。】

申請書類等

リーフレット (Pdfファイル、254KB)
ポスター (Pdfファイル、230KB)

申請の方法

申請方法は、次の通りです。
窓口持参 
事前協議は、不要です。
代理申請は、不可です。
(ただし、法定代理人は除く。)

申請の時期

申請日は、開庁日(営業日)です。

申請窓口

お住いの市区役所、町村役場の援護担当窓口

参考リンク

申請案内のリンク


このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室社会援護課 恩給援護グループ


ここまで本文です。