戦没者及び戦傷病者の妻又は遺族に対する弔慰金・給付金関係

案内番号:0000-2924

実施案内

 先の大戦で公務等のために国に殉じたもとの軍人、軍属及び準軍属の方々に思いをいたし、その妻には特別の慰籍、遺族に対しては改めて弔慰の意を表すために国から支給します。

問合せ窓口

福祉部 地域福祉推進室社会援護課 恩給援護グループ

電話番号 06-6944-6662
FAX番号 06-6941-0227
住所 〒540-0008 大阪府大阪市 中央区大手前3丁目2−12別館8階

戦傷病者等の妻に対する特別給付金の請求

申請案内

 戦傷病者等の妻に対する特別給付金支給法の改正に伴い、次の戦傷病者等の妻に対する特別給付金が支給されます。

【制度趣旨】 
 戦傷病者等の妻には、先の大戦で障がいを負った夫の介助、看護や家庭の維持等のため、長年にわたり大きな負担に耐えてきた精神的痛苦に対して、国として特別の慰籍を行うため、一定の基準日において、恩給法による増加恩給・傷病年金・特例傷病恩給・傷病賜金、援護法による障害年金・障害一時金等の年金給付を受けている戦傷病者等の妻に対し特別給付金が支給されます。

【請求資格】
 (新たな戦傷病者等の妻に対する新規支給措置)

 平成23年4月2日から平成28年4月1日の間に、夫が戦傷病者等として、増加恩給、傷病年金、特例傷病恩給、障害年金等を初めて受けとることとなった、戦傷病者等の妻、または平成23年4月2日から平成28年4月1日の間に、これらの年金を受けている戦傷病者等の方と婚姻をした妻

 (継続支給措置)

 戦傷病者等の妻として、第23回特別給付金国庫債券い号または第25回特別給付金国庫債券い号を受給されていた方

 (平病死特別給付金支給措置)

 第23回特別給付金国庫債券い号または第25回特別給付金国庫債券い号を受給されていた方(時効により失権した場合も含む)で,戦傷病者等の方が平成18年10月1日から平成25年3月31日までの間に、平病死(一般の怪我や病気による死亡)された者の妻

【請求期間】
  新  規及び継  続支給措置:平成28年 4月15日(金曜日)から平成31年4月15日(月曜日)まで
  平病死特別給付金支給措置:平成28年10月 3日(月曜日)から平成31年9月30日(月曜日)まで

  ※この期間を過ぎると時効失権により受給できませんのでお早めにご請求ください。

申請に必要なもの

費用が、不要(無料)です。

・請求書等

・請求者(妻)の戸籍謄本または抄本

・戦傷病者等の除籍抄本(平病死のみ)

・年金証書等の写し

・請求者の個人番号(マイナンバー)を確認できる書類

(戸籍謄抄本等の取得には、別途費用を要することがあります)

申請書類の配布方法

申請書類の配布方法は、次の通りです。
窓口配布  その他
厚生労働省より直接対象者へ送付されます。
(届かない場合や紛失した時は、お住まいの市区役所、町村役場の援護担当窓口でも配布しています。)

申請の方法

申請方法は、次の通りです。
窓口持参 
事前協議は、不要です。
代理申請は、不可です。
(ただし、法定代理人は除く。)

申請の時期

申請日は、開庁日(営業日)です。

申請窓口

お住まいの市区役所、町村役場の援護担当窓口

参考リンク

申請案内のリンク


このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室社会援護課 恩給援護グループ


ここまで本文です。