元分譲住宅における買戻特約登記の抹消

案内番号:0002-2902

概要

 大阪府では、昭和22年から昭和41年にかけて、住宅政策として、個人向けに宅地分譲等を行いました。

 これらのうち、買戻特約期間が満了しているものについて、所有者(登記名義人)からの申請により、買戻特約登記の抹消(嘱託登記)事務を行っています。

 

  この取扱いは、旧建築部(現:住宅まちづくり部)が、上記住宅施策のために大阪府内で分譲した物件に限ります。

 買戻権者が『大阪府』でも、申請窓口が異なる場合がありますので、必ず以下の記載事項をご確認ください。

 (1)まず、買戻特約の買戻権者が『大阪府』であることを登記全部事項証明書でご確認下さい。

   買戻権者が 「大阪府住宅供給公社」、「大阪府泉北開発センター」等の場合は、取扱いできません。

   買戻権者が『大阪府』以外の場合は、それぞれの団体等にお問い合わせ下さい。

 (2)次に、申請地が、旧建築部(現:住宅まちづくり部)が分譲した物件に該当するかどうかご確認下さい。

   旧建築部(現:住宅まちづくり部)が分譲した物件の主な所在地は、以下のとおりです。

 ・  吹田市桃山台、豊中市新千里北町、八尾市大字刑部、松原市立部町、松原市岡町、箕面市瀬川、

       河内長野市千代田町、岸和田市上松町 等

 ※ 上記以外で、申請対象に該当するかご不明の場合は、以下申請窓口・問合せ先までお問合せ下さい。

買戻特約の抹消登記に係る申請

申請案内

 該当不動産の所有者(登記名義人)の申請を受けて大阪府が法務局に登記嘱託します。

 申請から登記完了証(写)の交付まで2週間程度要します。

申請に必要なもの

 費用が、必要です。

 〇必要書類等

  買戻特約登記の抹消(嘱託登記)事務には以下の4点の書類等が必要です。

  (1)申請書(押印は不要となりました。)

  (2)登記全部事項証明書(写しでも構いませんが、直近のものをご用意下さい。<3箇月以内のもの>)

  (3)収入印紙(1筆かつ1件につき、1,000円分が必要です。<登録免許税>)

  (4)郵便切手(計412円分、内訳のとおり切手が必要です。)

  (内訳)

  ・ 244円分×1組<大阪府から法務局への特定記録郵便に使用します。>

  ・ 84円分×2組<法務局から大阪府へ、及び大阪府から申請者への普通郵便に使用します。>

  ※ 抹消登記の対象が2筆又は2件以上となる場合は、郵便料金が増額になることがありますので、事前にご連絡下さい。

申請書類の配布方法

 申請書類の配布方法は、次の通りです。

 窓口配布  FAX  ダウンロード 

費用の支払方法

 収入印紙及び郵便切手を購入して下さい。

 (詳細は上記「申請に必要なもの」を参照して下さい。)

申請の方法

 申請方法は、次の通りです。

 窓口持参  郵送 

 必要書類等を添付のうえ、下記の申請窓口に郵送又は持参して下さい。

申請の時期

 申請日は、開庁日(営業日)です。

申請対象者

 該当不動産の所有者(登記名義人)

事前協議

 事前協議は、不要です。

交付物の案内

 交付の時期:法務局から大阪府に抹消登記完了の連絡があり次第、封書で抹消登記の完了を連絡します。

 交付の概要:登記完了証(写)

申請窓口・問合せ窓口

〒559−8555 大阪市住之江区南港北1−14−16 咲洲庁舎26階
 大阪府住宅まちづくり部 住宅経営室施設保全課 資産活用グループ
 TEL 06−6210−9755、06−6210−9762
 FAX 06−6210−9750

参考リンク

参考資料

買戻特約登記抹消申請書(word) (Wordファイル、36KB)
買戻特約登記抹消申請書(pdf) (Pdfファイル、60KB)


このページの作成所属
住宅まちづくり部 住宅経営室施設保全課 資産活用グループ


ここまで本文です。