地方卸売市場の開設・廃止関係

案内番号:0000-1952

実施案内

地方卸売市場を開設しようとする者は、卸売市場法(以下「法」という。)第55条の規定により、知事の許可を受ける必要があります。
 開設許可の申請にあたっては、法第56条第1項の規定により、業務規程及び事業計画を定めて、許可申請に添付する必要があります。
 また、開設許可を受けた者が地方卸売市場を廃止しようとするときは、法第60条の規定により知事の許可を受ける必要があります。
 なお、開設許可を受けるにあたり定めた業務規程を変更しようとするときは、法第64条第1項の規定により知事の承認が必要であり、同じく事業計画を変更しようとするときは、大阪府地方卸売市場条例(以下「条例」という。)第23条第1項の規定により知事の承認が必要です。
 地方卸売市場の開設者が業務規程で定めるところにより、仲卸業者の承認・取消しをしたときは、条例第13条第4項の規定により知事に仲卸業者の名簿を提出する必要があり、同じく買受人の承認・取消しをしたときは、条例第14条第1項の規定により知事に買受人名簿を提出する必要があります。

問合せ窓口


申請案内のリンク


このページの作成所属
環境農林水産部 流通対策室 


ここまで本文です。