指定配合肥料の生産(輸入)業者届出

案内番号:0000-1904

実施案内

〈制度の概要〉
 1 指定配合肥料とは…専ら肥料取締法に基づく登録を受けた普通肥料が原料として配合された普通肥料であり、かつ、肥料取締法施行規則に定められたものをいいます。
 2 大阪府内において指定配合肥料を生産又は輸入する場合、次の区分により農林水産大臣又は大阪府知事に対する届出が必要です。また、届出内容に変更が生じた場合や事業を廃止した場合も、同じ区分により届出が必要です。
   (1) 農林水産大臣への届出が必要なもの…指定配合肥料輸入業の全部、指定配合肥料生産業のうち、肥料取締法第4条第1項第1号又は第2号の普通肥料の1種以上を原料として配合する指定配合肥料生産業(ただし農業協同組合等は除く。)
  (2) 知事への届出が必要なもの…上記以外の指定配合肥料生産業

〈届出手続〉
  上記の2の(2)に該当する指定配合肥料を生産する場合は、その肥料ごとに大阪府知事に対して次のとおり届け出てください。

1 新規届出…新規に指定配合肥料を生産する場合
 (1)提出期限…生産を開始する2週間前まで
 (2)提出書類(※これら以外にも別途資料等の提出をお願いする場合があります。)
  (1) 所定の届出書  2 部
  (2) 法人の場合は登記簿謄本又は登記事項証明書 1部、個人の場合は住民票 1部
   (いずれも発行後3ヶ月以内のもの。コピー可。) 
      (3) 指定配合肥料の配合設計書
  (4) 原料となる肥料の登録証、保証票の写し
  (5) 返信用封筒(宛先記入・切手貼付)
 
2 変更・廃止届出…1で届け出た内容に変更の生じた場合又は事業を廃止した場合
 (1)提出期限…変更の生じた日又は事業を廃止した日から起算して2週間以内
 (2)提出書類(※これら以外にも別途資料等の提出をお願いする場合があります。)
     (1) 所定の届出書 変更届の場合は2 部、廃止届の場合は  1 部
   (2) 法人の場合は登記簿謄本又は登記事項証明書 1部、個人の場合は住民票 1部
   (いずれも発行後3ヶ月以内のもの。コピー可。)(※廃止の場合は不要)
       (3) 返信用封筒(宛先記入・切手貼付) (※廃止の場合は不要)

問合せ窓口

環境農林水産部 農政室推進課 地産地消推進グループ

電話番号 06-6210-9590、06-6210-9595
FAX番号 06-6614-0913
住所 〒559-8555 大阪市住之江区南港北1丁目14−16 大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)22階

参考資料


指定配合肥料生産業者(輸入業者)届出書

申請案内

申請に必要なもの

費用が、不要(無料)です。

申請書類の配布方法

申請書類の配布方法は、次の通りです。
窓口配布  FAX  ダウンロード 

申請書類等

指定配合肥料生産業者届出書 (Wordファイル、33KB)
指定配合肥料生産業者届出書 (Pdfファイル、46KB)

申請の方法

申請方法は、次の通りです。
窓口持参  郵送 

申請の時期

申請日は、開庁日(営業日)です。

申請対象者

大阪府内において届出対象肥料の生産を行おうとする者 

事前協議

事前協議は、不要です。

代理申請

代理申請は、可能です。

申請窓口

環境農林水産部  農政室推進課  地産地消推進グループ  

電話番号 06-6210-9590、06-6210-9595
FAX番号 06-6614-0913
住所 〒559-8555 大阪市住之江区南港北1丁目14−16 大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)22階

交付物の案内

交付の時期:通常、申請後30日以内
交付に必要なもの:窓口での受領希望の場合、受領者の印鑑持参。
            ※通常は郵送により交付。返信用封筒(切手貼付、宛書き記入のもの)を提出のこと。

申請案内のリンク


このページの作成所属
環境農林水産部 農政室推進課 地産地消推進グループ


ここまで本文です。