自主研究

更新日:平成28年12月20日

自主的研究    研究員が自らの問題意識をもとに取り組んだ研究です。

平成28年度

○観光による自律した地域経営に向けて(「DMOは地方創生の救世主となるか」 [PDFファイル])    主任研究員  山本敏也

平成26年度

○知的資産の戦略的活用に関する調査研究       主任研究員  田中宏昌

平成25年度

○知的資産の戦略的活用に関する調査研究−知的資産経営推進のための周辺調査−    主任研究員  田中宏昌

○RP(Rapid Prototyping)からRM(Rapid Manufacturing)の産業化への動きを探る    主任研究員  松下隆

○小規模企業支援政策の課題と評価−大阪府の小規模事業経営支援事業の再構築−    主任研究員  越村惣次郎

平成24年度

○大阪府内伝統的工芸品産地の現状と課題について    総括研究員  北出芳久

○知的資産の戦略的活用に関する調査研究    主任研究員  田中宏昌

○テクノスケープの活用について    主任研究員  山本敏也

○大阪産業集積のルーツを探求する    主任研究員  松下隆

平成23年度

○大阪における大規模商業施設やオフィス市場の動向調査    研究員  佐野浩

○持続可能な都市のリデザインについて    主任研究員  山本敏也

○知的資産の戦略的活用に関する調査研究    主任研究員  田中宏昌

○大阪府伝統的工芸品産地の現状と課題について    総括研究員    北出芳久

平成21年度

○関西における新分野事業の現状と課題    研究員  佐野浩

○地域通貨による新しい地縁づくりへの貢献と限界に関する研究    主任研究員  山崎茂

○大阪における着地型観光の可能性について    主任研究員  山本敏也

平成20年度

○地域ブランドを活用した観光振興について  主任研究員 山本敏也

○地域通貨の実施による団体間の関係強化に関する研究  主任研究員 山崎茂  主任研究員 木村和彦

刊行物の販売について

当センターの刊行物は府政情報センターにて販売いたしております。(府政情報センターへジャンプします。)(別ウインドウで開きます)

このページの作成所属
商工労働部 商工労働総務課 経済リサーチグループ

ここまで本文です。